2018年02月一覧

オープン就労・クローズ就労のそれぞれのメリットデメリット

発達障害の人の働き方で、オープン就労とクローズ就労というものがございます。まずオープン就労とは、障害や病気などを、会社側に伝えて働く方法です。そして、クローズ就労とは、オープン就労と逆で、障害や病気などを伝えずに働く方法です。今回はメリット・デメリットを書いていこうと思います

発達障害の人が向いてるお仕事って?技術やスキルは?

発達障害の人にとって、仕事を探すことって、大変なことですよね。体調面のことだけでなく、向いてることやできること、得意なことや苦手なことも、人それぞれ。もし向いてない仕事に就いてしまったら、色々とトラウマになって二次障害のおそれも考えられるので、色々と考えたいところですよね。

過干渉毒母

私の母は、過干渉でプライドが高く子供にエリートであってほしい、と思うような人でした。プライバシーというものなんて無く、机の中を開けるのは当たり前。人の手紙を開けるのも当たり前。人の通帳の中身を覗いたりしますし、いつも帰宅する時間に少し遅れるだけで電話をかけてくる人でした。

子どもの頃やりたかったこと

私は子どもの頃、一生懸命いい子になろうと頑張ってました。でも私は特にこれといった取り柄はありませんでした。いい子になろう。と、親の価値観の押し付けに一生懸命応えようとした健気な(自分で言うのも変かもしれませんが)子どもでした。

私が発達障害と診断されるまでの流れ。その2

私は専門学校を卒業後、引きこもりをしてました。専門学校がトラウマになってしまい、アルバイトすらできませんでした。世の中が、人が、怖くなったのです。引きこもりをしていたある日、ふと思いました。もう一度、発達障害を診断してもらおう、と。

スポンサーリンク
ad




ad