家庭内ハラスメント毒父

こんにちは、白井くま子です。

私の両親は毒親でした。

幼少期から、実家を出る前まで、抑圧されておりました。

今日は毒親である父のことを書いていこうと思います。

毒父

私の父は、ハラスメント人間です。

家族に対して、モラハラ、パワハラ、DV、経済DV。

その家庭の収入源は父親だけなのと、浪費家な母。

なのでお金の管理は毒父で、それは、イコール家庭内の権力を握ることになります。

髪切りに美容室行きたくても、お金渡されないので行かせてもらえず、家族は自分で髪を切ったりしてました。

家族の容姿についてバカにしてきて「ブタ、ブス、デブ」「テレビの●●に似てる(笑)(きれいとは言いづらい芸能人)」とずっと言われました。

どうしても言われるのが嫌なので、怒ると

「ブタが怒ってる(笑)(笑)ムキになってる(笑)」

と、言われて相手にされないし、嫌がっていてもそれでもずっと言われ続けてました。

父は母にも化粧品など身だしなみにお金を使う自由が無いので「ブス」「醜い」など似たようなこと言ってましたが、なにも反論しませんでした。

また、おかしいと思ったことを指摘したり、気に食わないことをしたら頭ごなしに怒鳴り、叩かれました。女の子相手とは全く考えていないのです。

「そんなに気に食わないなら出て行け!!!!」

と、口癖のように大声で脅して、こっちが謝るまで、折れるまでずっと怒鳴ってきました。

平手打ちや拳で思い切り顔に目掛けてきたり、髪の毛を思い切り引っ張られて壁に叩きつけられたり、その拍子にドアノブに思い切り後頭部ぶつけたりしてました。

高校卒業後の進学の時も「この学校行け。他の学校は認めない嫌なら出て行け」と脅し、強制的でした。

常に「お金がない」と言いながら、自分のためにしかお金を使いません。自分の趣味にはお金をかけるのに家族にはお金を渡さず。

なので、家族を思い通りにしたい、コントロールしたい、自分勝手。家族は従うしかありませんでした。恐怖政治ですよね。

ハラスメント加害者はハラスメントしてる自覚がありません。

父との関係は、主従です。私は「できそこない」と、特に辛く当たられておりましたが、ただ耐えしのぶしか方法はありませんでした。

なので私は未だにトラウマになっていて、連絡が来る度に吐き気がしてしまいます。