「やりたくないことをやらせるのも教育なんだ」

習い事は時に教育虐待になる

こんにちは、白井くま子です。

私は小さい頃、物心がついた時にはピアノを習ってて中学くらいまで10年続けておりました。

でもそれはやりたくないことで、親の価値観の押し付けによってやらされておりました。

小さい子の習い事って、親が子供にやらせたいものをやらせる。というパターンは少なくないかと思います。

もちろん、親によっては「●●が好きそうだから●●習わせてみようかな」と、大きな目で好きなことをやらせてくれる人もいらっしゃると思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

私の両親は「女の子にはやはりピアノをやらせたい!」と、希望しており、物心がついた頃には、私は言われるがまま、興味のないピアノを続けてました。

そして、ちゃんとできてないと、叩かれ、責められてました。

「ちゃんとやれ!!」と。

嫌々ながら練習するも、思うように伸びたりはしませんでしたので尚更叱られました。

要するに、両親は「自分が理想とする子供」しか見ていないのです。

「ピアノを習ってて、言いなりになって、親の言うことを聞く、都合のいい娘」を見ていて、目の前にいる娘を見ていないのです。

だから、理想像と違ってくると、叩いたりして、思い通りにしようとしてました。

理想とする子供を愛していて、目の前にいる子供は愛していないのです。

ただの自分の自己満足のために子供が存在しているのです。

周囲の子に習い事事情を聞いてみると「ピアノ習ってたけど、やりたくないなら辞めていいよ。嫌々やっても身につかないし意味ないからって言われたから辞めた」

と、習い事やってたけど辞めさせてくれる子が多かったのです。

また、「ピアノ習いたいと思ったから親に言って習わせてもらってた」という子もおりました。

うらやましかった。

ピアノやらなくて済むからうらやましいのではない。

気持ちを尊重してくれて、ありのままを、愛してくれる親でうらやましかったのです。

自主性を摘まれる

自分の両親は子供の気持ちを尊重するような人たちではありません。

私は小さい頃からお絵かきが好きだったので「ピアノじゃなくてお絵かき教室行きたい」と言ったことがありました。

それは何回も訴えました。とにかくお絵かき教室に行きたい。

だけど絵に興味も関心も無い両親は「ダメだ。好きなことをやらせたらワガママになる。やりたくないことをやらせるのは教育なんだ。」と言いました。

この言葉が未だに忘れられません。自主性を摘む発言でもありますよね。

ようするに「お前は親の言いなりになればいい」という意味なのです。

これをほかの人に言うと「変な親だね…」と言われておりました。

習い事をするのは親ではなく子供なのを忘れて欲しく無いですよね。

大人だって、興味無い習い事はやらないですよね。興味あることを習いますよね。

でも、子供が興味無いことを、大人の価値観によって子供に押し付けるのって教育虐待にあたるのではないかと私は思います。

ずっと絵を描いてた

現在はたまにちょろちょろ描いてる程度ですが、その前まで、ずっと独学ですが絵を描いてました。

私の経験上、やはり好き嫌いで判断することって大事だと思うのです。

やはり、やりたいことだと続けられるし、伸びやすい。努力が楽しいと思えるのです。

そして、伸びるともっと楽しくなるので好循環。

大人子供関係なく、やりたいことはやった方が良いですよね。

そして、苦手なことや嫌いなこと、やりたくないことは無理しなくていいのです。

だって、人生1度きりなのですもの。

我慢しすぎないでほしいのです。

我慢しすぎてしまうと、それが今度は他人、あるいは子供を傷つけることになるのです。

言ってしまえば「自分はこんなに我慢したのに、他人はやりたいことやって楽しそうにして!!」と、無意識に憎んでしまうことになるのです。

他人のためにも、自分のために生きていくのが大切だと思います。

そうすることによって、人を大切にできることにつながると考えられます。