頑張れない時は無理して頑張らなくていい

どうもこんにちは、白井くま子です。

頑張れない、努力する気力や頑張る気力が残ってない。という時期ってあるかもしれませんし、私もありました。

今日はそのことについて書こうと思います。

スポンサーリンク
ad




頑張れない時に頑張るのは自分にムチ打つようなもの

もがけばもがくほど、苦しみました。

勉強しようとしても、本読もうとしても頭に全く入ってこない。

だからと言って寝込んだら寝込んだで「なんで私は頑張れないんだろう」と、それはそれで苦しみました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

でもね、その時は自然に身を任せた方が、ベターだなあ。と感じます。

体が「無理!」ってサインを出してるのです。

その声を聞くことによって、回復を待つのです。

無理してる時よりも、回復してから、頑張った方が、より自分の身になりやすくなりますし、その方が良いと私は思います。

私が頑張れなくなった時の流れはこうでした。

  • ストレス・疲労を我慢し過ぎてしまい、蓄積するも自分の気持ちを押し殺して頑張ろうとする(しかも体力があまりなく疲れやすい)
  • 夜寝付けなくなる
  • 寝付けないという不安感。
  • 睡眠不足で2〜3時間しか寝てない日々が続く
  • 本を開いても読めなくなる
  • 本の書いてあることが頭に全く入らない
  • なので焦りまくる
  • 「もう無理〜〜〜!!!」ってなり、ある日突然糸が切れたように何もできなくなる
  • とにかく寝てる
  • ずっと寝てる
  • それが半年以上続く

これを何度繰り返したことでしょう。

もしかしたら回復まで年単位かかる人もいるかもしれません。私もひどい時は何年も引きこもることになりましたし。

人によっては、家族によって足を引っ張られ、頑張る気力を奪われてる人もいることでしょう。

そうゆう人は特に、全力で毒になる家族から逃げて欲しいと願っております。

必要以上に戦うことなんてない。

逃げるが勝ちなんです。

どうか体調にはお気をつけてくださいね。