毒親と絶縁して良かったこと4つ

こんにちは、白井くま子です。

私は逃げるように実家を出て、絶縁をしました。

それからはとても爽やかな気持ちです。

毒親と離れて良かったことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
ad




良かったこといっぱいありすぎる!

「良かったこと4つ書く」と言いつつ、良かったこといっぱいあるんですよ。

逆にデメリットは、仲のいい親子みたいに、

何かあったとき相談とかできないことですかね…苦笑。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

良かったこと4つで思いついたものは…

アニメや漫画など楽しめるようになった

いや、実家にいた頃も、

漫画を楽しめたには楽しめたし、

アニメも好きだったんですよ。

でもね、漫画を読んで「なぜ登場人物がこう思ったのか」という共感ができなくて、

よくわからないけど、展開が楽しくて読んでたという感じだったのです。

最近だと、テレビでアニメを見て、

前より共感できるようになったのです。

登場人物の気持ちがわかるようになったというか。

おそらく、実家に住んでた頃は、

気持ちにフタしてたんです。

喜怒哀楽など感情を感じると辛くなっちゃうから。

だから人の気持ちも前は理解や共感しづらいのと、

アニメや漫画も、あまりよくわからず読んでた。ということに繋がったのですね。

現在はすぐ感動してすぐ泣くし、

花を見て綺麗だな、とか思うようにもなりました。

安心できる場所を確保した今、

フタしてた気持ちが取れたみたいなのです。

これ、アニメや漫画だけでなく、

人間関係でもいい意味で影響出まして。

他人の気持ちが以前よりも理解できるようになったりしてます。

理不尽がなくなったのでストレス激減

まず、毒親の存在そのものがストレスで、

顔見るのも声を聞くのももうダメで…。

横暴で理不尽な思いをしなくなったし、

顔や声を見たり聞いたりしなくなったので、

ストレスが激減。

気持ちが爽やかになり、

押さえつけられたものも無くなり、

干渉も無くなりました。

兄も実家出た後「私生活でのストレスが一気に無くなった。家を出て良かった」と言ってたので、激しく同意です。

とにかく自由

毒母の過干渉があって、生活が何もかも不自由してました。

毒父の目も気にしなくてよくなりました。

「とにかくこうゆう人生を送れ」みたいな型や理想に無理やり合わせようとさせられて辛い思いをすることはありません。

ファッションも自由だから親の目を気にしなくて良い。

一人でどこ行くのも許可がいらないので自由。

何を食べようが自由。

やりたかったことができますし、

自分が買った食べ物を取られることはありません。

精神的にも、物理的にも自由で幸せです。

自分を幸せにしよう!と、より強く思えるようになった

自由になって毒親から解放された今、

自分を幸せにしよう!という気持ちが強くなりましたし、イメージを描きやすくなりました。

やりたいことはやっていいし、

今まで我慢してた食べたいものは食べていいのです。

それができるようになってきたら、

尚更毒親を許せなくなりました。

私は親に対して執着が何もありませんでした。

なので、「反省してくれるかも」という期待はしてなかったため、

すんなりと未練なく絶縁できました。

だって、親は絶対変わらない。

恐怖で支配させられひどい思いをさせられたのは私は絶対許せない。

子供の頃こうやって過ごしたかった、思春期の頃こうしたかったという後悔ばかりが残っておりますが、過去には戻れない。

そして、今後も親のせいでやりたいことや好きなことができなくて自分の人生を棒に振りたくない。

毒親でひどい思いをしてる方、実家を1日でも早く出ることをお勧めします。

思い出して辛くなったりすることもあるかもしれませんが、家を出たら楽しいですよ。