毒親育ちの皆様、自分の人生を生きよう。

こんにちは、白井くま子です。

実家を出て、毒両親から解放されてから、しみじみ思うこと、

それは、自分の人生を生きること、大切にすること、です。

スポンサーリンク
ad




毒親によって人生を台無しにされたくないと強く思えた

実家に居た頃は、自分の人生に対して投げやりになってました。

生きてる実感が湧かず、

「このまま親元に居るなんて絶対嫌!」

という気持ちと、

「もう、いいや。親の操り人形で一生過ごすのか…」

と、諦めた気持ちになってた部分も心のどこかでありました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

子供の頃から、興味持ったことは頑なにやらせず、

親がやらせたいことを押し付けられ、

子供を親の自己実現の道具みたいになり、

片っ端から自主性を潰されてきました。

毒親から逃げてから

我慢できず、実家を飛び出しましたが、

最初は自分自身にお金を使うことがなかなかできませんでした。

生活費も最低限にしか使わないし、食費も必要最低限の安いもの。

でも、時間が経つと、少しずつ、自分にお金を使えるようになってきました。

可愛いグッズや、コンビニスイーツなど、

もちろん生活の範囲内ですが。

そしたら、ふと、

「自分の人生を生きたい!!」

と、不思議なことに、少しずつ強く思ってきたのです。

毒親のために尽くしても尽くしても報われないどころか否定される。

毒親の願望のために、私の進路を引っ掻き回し、心の底から苦しい思いをさせられる。

いい子になろうとして、自分の人生を生きてなかったんです。

毒親育ちの皆様、

生きたいように生きて良いのです。

やりたいことに打ち込んで良いのです。

我慢しないで欲しいのです。

毒親によって台無しにしてほしくないのです。

毒親に否定されて育つと、

「自分は一人暮らしなんて、できっこない…」

と、もしかしたら思う人もいらっしゃるかもしれません。

引っ越しに伴いエネルギーは使うかもしれませんが、

案外、どうにかなるものです。

実家出たい。

一人暮らししたい。

ネットという便利なツールがあるから、どんどん調べてみてください。

ヒントになることが書いてあるはずです。

過去は変えられない

ただ、過去は変えられないし、親は変わらない。

子供の頃やりたかったことをやらせてもらえなかったのは、正直ずっと引きずってます。

「今やればいいじゃん」

という声もあるかもしれません。

そうじゃないんです。

今やりたいのではないのです。

その時どうしてもやりたかったことをやりたかったんです。

なので、悲しい子供時代は変わらない。

ですが、今後は自分次第。

やりたいことをやってもいいんです。

好きな服着ても良いんです。

食べたいものを食べても良いんです。

自分のご機嫌を取っていきましょう。

そうすると、生き生きしたオーラは人は寄せ付けます。

そしたら、好循環が生まれるかもしれません。

自分の最大の味方は、自分です。

自分自身を幸せにしよう。と、強く思います。