発達障害の二次障害を防ぎたいですね

こんにちは、白井くま子です。

発達障害の当事者は、人それぞれ違う特性はありますが、困り感や、

「なんか周囲と違う。ズレてる」という感覚などの傾向があるかもしれません。

でも、当事者にとって、防ぎたいことは、

困り感や生きづらさ、さまざまな困難さから

二次障害になることですよね。

スポンサーリンク
ad




二次障害

自分はおかげさまで、

うつ病など二次障害にならずに生活しておりますが、

今思い出すとあれはスレスレのところまできてたかも。

と、思うことはあります。

(二次障害までいきませんでしたが、社会に出るのがどうしても怖くなり、外にどうしても出れなくなって引きこもりになったり…)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

人は、幸せに生きるべきだと思いますし、

辛い気持ちで時間を消費したくないですよね。

辛い気持ちを抱え、積み重なり、

ある日突然うつ病になってしまったら…

その後回復するまで時間がかかりると思われますし、

療養してる間も、好きなことができる場合はともかく、

好きなことをするのも負担になることもあるかもしれません。

なので、発達障害の方は、

いかに二次障害にならないようにするか。に気にかけるのは大事なことだと思います。

無理しない

やはり、これが大切だと思います。

普通になろう、普通にならなきゃ、と頑張ってる方がいらっしゃるかもしれません。

私もそうでした。

なので、普通になれるように、合わないことを無理して頑張りました。

でも、ダメでした。

あのまま、合わないことをずっとやってたら、どこかで壊れてたかもしれません。

でも、本当十分、立派に頑張ってる方もそれだけ多いと思います。

自分のペースでいいんですよ。

無理して具合悪くする前に、

例えば、勉強や仕事だったら

「ちょっと物足らない」「もうちょっと働ける」

というところでその日の分は終了で丁度いいのかもしれませんよ

また、最近では障害者枠の就職などをサポートするところもあるそうなので、

無理なく働く、ということでしたら、

そういったところで相談に行ってみると、何かヒントが見つかるかもしれません。

アットジーピー【atGP】

自分が生きやすい生き方を模索するのも良いですよね。