オープン就労・クローズ就労のそれぞれのメリットデメリット

こんにちは、白井くま子です。

発達障害の人の働き方で、オープン就労とクローズ就労というものがございます。

まずオープン就労とは、

障害や病気などを、会社側に伝えて働く方法です。

そして、クローズ就労とは、オープン就労と逆で、

障害や病気などを伝えずに働く方法です。

スポンサーリンク
ad




オープン就労・クローズ就労って?メリットでメリットは?

オープン就労のメリット。

それは、障害・病気を知ってもらってるため、何が得意で、何が苦手なのかを話し合って、通院などのことも考え働きやすいように合理的に配慮してもらいやすいことです。

自分に合った働き方をしやすいのはありがたいですよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

デメリットはと言いますと…

賃金が一般就労よりもあまりもらえないことでしょうか。

手取りにすると13〜14万くらい。

あと、職種が幅広くないということも。

例えば、一般就労でやりたい仕事、専門的なことをやってたけど、病気で休職した後にオープンで障害者就労しようとしたら、今までやってた仕事の求人が無い、ということもあるそうです。

クローズ就労のメリットは、

求人の幅が広くなることです。好きなように仕事を選べます。

お給料面も、オープン就労より良い傾向があります。

デメリットは

病気・障害のことを言わずに働くということなので配慮してもらえないことです。

もしかしたら中には、一般就労だけど困ったことがあって事情を説明したら理解してもらえた、ということもあるかもしれませんが、どの職場も言えば理解してもらえるとは限らないですよね…。

苦手なことを指示されたり、体調悪くした時があったりしたらプレッシャーですし、働きづらいこともあるかもしれません。

とは言え、リスクかもしれませんが、やりたい仕事だったりしたらチャレンジしてみるのもアリではないかと考えてます。もし失敗したら次のことを考えればいいんじゃないかなーって思います。もちろん、個人の状況にもよるかもしれないですが…。

オープン就労のお給料面の問題ですが、

こうゆうところなら、障害者就労専門で、いろんな仕事があって、賃金も良さげな求人もあるので、目を通して、興味あるものがありましたら、相談してみるのも一つの手段かと思います。

内定まででなく、入社後のサポートも充実!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

オープン就労のデメリット部分が少しでも解決すると良いかもですね。