発達障害で進路に迷ってる方は通信制大学という選択肢も

こんにちは、白井くま子です。

4月で気が早いかもしれませんが、進路が気になってる方もいらっしゃると思います。

というわけで、今回は通信制大学について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ad




基本的にはやりたいことが良いと思う

通信制大学を推奨してるという意味ではなく、

発達障害の方にとって、通信制の大学が合う方がいらっしゃるかも、と思ったのです。

もちろん、将来なりたいものがあって、通信制には無くて、通学の大学にはその学科がある。という場合は、通学の大学に進学も良いと思いますし、

専門学校の方が魅力的だったら、それも良いと思います。

好きを仕事にできる大学特集

好きを仕事にできる専門学校特集

ではなぜ私が通信制大学を選択肢の一つとして良いのかといいますと…

人間関係が薄い傾向

発達障害の方は、コミュニケーションが得意でない傾向があります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

通学の大学や、専門学校だと、もちろん学部や学科にもよりますが、

コミュニケーションの面で負担になる人もいらっしゃるかもしれません。

人間関係が不安…という方には、選択肢の一つとして通信制大学は良いと思います。

通信制大学にはスクーリングが年に何回かあるくらいですし、コミュニケーションの面での負担が少なくなるのはメリットになるかもしれません。

自分のペースで学習できる

学習面では自己管理をしなくちゃ、という部分もありますが、

自分のペースで好きな時間に勉強できるのはメリットでもありますよね。

また、最近ではスマホやパソコンで授業を受講できるところもあったりするので、

空いた時間に学習を進めることも可能ですよね。

自分の時間を確保

専門学校は、学科にもよりますが、結構忙しいです。

大学も、学科にもよりますが、忙しいところもあります。

なので、「授業がギッチリ詰まってて、その上アルバイトしてるし自分の時間がない!」という方も少なくありません。

体力に自信ないという方や、他にやりたいことあるという方に、通信の大学は自分のペースで学習できる分自分の時間を確保しやすいかもしれませんね。

学費が経済的

専門学校や、通学の大学と比べて、経済的です。

私立大学に進学して卒業後奨学金で支払いに大変な思いをしてる方がいらっしゃると聞きますので、学費の負担が少ない方がありがたいですよね…。

また、卒業までかかる年数が長くても、短くても、学費の総額は単位取得した分支払う感じなので、トータルの金額の差はそんなに大きくないです。

それに、通信制大学も、通学の大学も、卒業すれば同じ「大卒」です。

就活の時も「大卒以上」という条件の会社を受けられます。

もし、「自分は通信大学が向いてるかも!」と思う方がいらっしゃれば、

どんな通信の大学があるか、探してみてはいかがでしょうか。