不登校って親も子も苦しいですよね。

こんにちは、白井くま子です。

最近、ネットの記事やSNSなどで見ると、

「子供が不登校で不安…」

と、悩まれる方は多いように思います。

私は社会人になってから思ったのですが、

自分が不登校で親も焦ったのだろうなって思います。

そうですよね、

「普通は子供は学校へ行くのが当たり前」

と、世間では考えられてますし、

その”世間の普通”から外れることって不安になると思います。

ただ一番お伝えしたいことは…

スポンサーリンク
ad




一番辛いのは子供本人

もちろん保護者の人の立場からしたら

不安に感じるのは分かります。

「学校へ行くことが”普通”なのに…」

それは本人自身も感じていることです。

私が不登校していた当時、学校行かなくなった時に

「学校サボった!」

と、親から強く叱られました。

でも、サボるのと行けなくなることは全然違います。

サボり扱いなんて心外でした。

「あ〜学校だるい。ちょっと学校欠席してサボっちゃおー」

という感覚じゃないんですよね。

本当は行きたいんです。

皆と同じようになりたいんです。

どうしても行けない、同じようになれない。

ただでさえ自己肯定感持てない状態なのに、

いつも責められて家庭に居場所はありませんでした。

それは置いといて、

どんなに親が不安になっても、

子供の人生は子供のものでありますので、

親はその子になれるわけではないのですよね…。

親が機嫌いいと安心しやすい

思うのですが、その心配や不安さって

子供は敏感に感じ取るように思います。

私もそうでした。

不登校になって、家庭内がピリピリ。

「この子どうなっちゃうのか」

「なんとか無理やりでも行かせるようにしなくては」

というオーラやプレッシャー。

苦しくて仕方なかったです。

自分が学校へ行かないことにより、

家の中で親が機嫌悪く、雰囲気も悪いと、

正直、安心しづらいです。

親の方が一時的でも不安を忘れて

趣味や習い事、夢中になれることを始めたりすると、

家の中が少し明るくなるのかもしれません。

子供の人生は子供のものであるように、

親の人生も親のものでもありますし…。

子供本人だけでなく、保護者自身も、

「楽しい!」と思うことを始めるのをおすすめしたいです。

【無料】ズバット通信制高校比較

普通ってなんだろう

世間の普通って難しいですよね…。

普通って聞くと、

普通に学校行って、

普通に受験して、高校大学卒業して、

普通に正社員として就職して、

普通に結婚して、

普通に子供を産み育てて、

普通に孫に囲まれて老後を送って…

というイメージがあります。

人生どうなるかなんて分かりませんし、

普通の人生を送ろうとしてたとしても、

どこかで挫折することも珍しくないと思います。

(挫折の大きさは人によって違うかもですが)

でも、無理して”普通”にならなくたっていいじゃないですか。

人には得手不得手もありますし、

個性も人それぞれなんです。

「普通の人生」という世間の見えないプレッシャーって

全員同じになれ!みたいな感覚がありますよね。

普通になろうとして苦しくて辛い思いをして病気になるのなら、

無理せず自分らしく生きれた方が幸せじゃないかなって思います。

元気で生きれるならそれでもう十分ではないかと思います。

結論

生きてるだけでもすごいことだと思う。