良い子症候群と不登校

こんにちは、白井くま子です。

不登校の中には、

「良い子だったのに、不登校に!?」

ということもあると聞きます。

私は不登校を経験したことありますが、

そういえば私自身も、良い子になろうとしてました。

スポンサーリンク
ad




いい子症候群

私も子供のころ、親に喜んでもらおうと良い子になろうと頑張ってました。

「俺の言う通りにさえすればいい」

と、毒父に言われて言いなりになったり、

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

「お父さんの言うことは正しいよ」

と、喜ばせることを言ったり、

毒父の言う通りに、まるでお人形のように生活してました。

そうすれば、家庭で不利になる可能性は減らせる。と、無意識に考えたのかもしれません。

もし気に入られなかったら、サンドバックみたくなって、毒家庭のいけにえみたいになってたかもしれません。

なので、頑張りました。

でも、すっごい無理をしてたんですね。

自分の本当の気持ちを抑えまくって、

進学も本当は親が決めた親の言う通りの進学なんてすっごい嫌だったけど、

その気持ちを抑えこんで、

「これは自分のためなんだ」

と、我慢して進学しましたけど、結局トラウマを植え付けられましたが。

良い子の仮面の下

なので私は不登校になったり、引きこもりになったりしたんですね。

おそらく、無理に無理を重ねたものが表面化してしまったのでしょう。

親の理想とする子供になろうと頑張ったけど、どうしても無理になって疲れてしまったところもあります。

もちろん、良い子は不登校予備軍と言うつもりはありません。

問題のない良い子で、問題なく学校卒業して、問題なく働いてる人もたくさんおります。

私の場合はですが、良い子になろうとしてた良い子の仮面の下はボロボロで傷だらけになっただけでした。

口答えしたり少しでも気にくわないと「嫌なら出て行け」と言われ、「おかしい」と言えない環境で、反抗期すらできないし辛くて苦しい毒家庭を、生きるために良い子になろうとして頑張って生き延びたんですね。

大切にされたことない。

一人の人間として扱ってもらえない。

親の理想通りになる良い子になるしかなかった。

なので、良い子って、抑えこんでる何かがあるのかも、しれません。

「良い子だったのに不登校になってしまった」

というのも、何かのSOSサインで、葛藤を抱えてるかもしれません。

なので、無理して学校に行かなくて良いと思いますし、充電期間と考えても良いと思いますし、自分らしさを出せるきっかけになると、良いなーって思うんですよね。

学校行けなくても、生きて行けます。

今は色んな生き方があります。

どう生きるか、それは自分で調べたり、誰かに聞いてみたりすると、ヒントになることがあるかもしれませんね。




【無料】通信制高校の一括資料請求