夏休みは不登校にとって割とホッとする

こんにちは、白井くま子です。

夏休みシーズンですね〜。

外出ると、子供や学生さんなど、若い方が多いように感じます。

学生さんや子供にとって、夏休みは「やったー!!」「嬉しい!」

という時期でもありますよね。

私は中学は不登校でしたが、皆と同じく夏休みはホッとする時期でもありました。

スポンサーリンク
ad




皆行ってない時期だから

これは夏休みだけでなく、冬休み、祝日や大型連休も含まれますが、

皆が学校へ行ってる時期に、学校へ行けず不登校になると、

「学校に行けてない…」

という罪悪感でいっぱいになり、気持ちは落ち込むんですよね。

でも、夏休みのように皆が学校休みの時期になると、

皆休みだから、自分が昼から家に居てもおかしくない。

と、気持ちが軽くなるんですよね。

だから、気持ちの状態も、比較的に良い状態になりやすい。

これって、自分だけなのかな?

と、思ってました。

共感してくれる人少なくなかった

高校時代、友達にも

「私中学不登校だったけど、夏休みになると気持ちが少し軽くなった」

と、世間話程度に喋ったことがあるんですよ。

そしたら…

「あ、それ私も私も!」

「私もそうだったー!」

と、共感してくれたので、

もしかして、不登校経験者あるあるだったのか?

と、思いました。

不登校は問題行動ではないですし、

不登校してても本来は罪悪感を感じなくてもいいはずなんですけど、

世間の「学校へ行くことがあたりまえ」という雰囲気で、

「皆行ってるのに自分だけ…」となりやすい気持ちもわかります。

周囲から「なぜ行けないんだ」と責められるので、なおさら。

不登校しても、進学できますし、

社会では不登校経験者で働いてる人もたくさんおります。

通信制高校も、私の頃よりも浸透してきてるように感じますし。

いろんな通信制高校を一括で資料請求して比較できる!

なので、不登校の当事者の方に罪悪感は感じて欲しくないんですよね…。

せっかくの夏休みの時期ですし、

気持ちが軽くなりやすいと思いますので、楽しんでくださいね。