選択肢広めるために通信制高校は早めに調べた方がいい

こんにちは、白井くま子です。

最近、話題の通信高校が中等部を始めたりしておりますね。

見てみると授業も好きな事を学べる環境ですし、

夢中になれることがあれば、心も元気になっていきますよね。

最近では色んなタイプの高校がありますし、

直前になってバタバタ決めるより、

早い段階で「どんな感じなんだろー」とゆっくり探すのおすすめです。

スポンサーリンク
ad




早めに色々な高校のリサーチのすすめ

もちろん進学する時、全日制で頑張るにしても、

通信や定時制高校へ進学するにしても、

選択肢として、視野に入れてもいいんじゃないかなって思うのです。

進学時、学費どれくらいかかるのか、

卒業後どんな進路が多いのか、

どんな学校生活なのか、など、

色々資料は取って、早いうちから吟味した方がいいんじゃないかなって思うんですよね。

学校によっては好きな勉強学べるところもありますし。

私は、中学校生活の半分かそれ以上は教室へ行きませんでした。

中1の後半で休みがちになって行かなくなり、

中2に進級した時、頑張ろう!と思って教室へ行って授業受けておりましたが、

後半になって不登校からの別室登校。

中3でも進級時、やっぱり頑張ろう!と思いましたが結局夏になる前に別室登校。

ええ、登校と別室登校を繰り返してました。

中1の頃から教室へ行ってない私は進路に関して不安になっておりました。

「高校いけるのだろうか…???」と。

その時に、何かの雑誌の広告に載ってた通信制高校。

「ああ、こうゆう学校もあるんだ。」

と、安心した記憶があります。

自分にも、受け皿があるんだ、と。

ただ、両親には反対されました。

全日制ではない高校に行きたい。定時制とか通信制とか。

と言っても、

プライドが高い両親なので、

「ふざけるな!」

と、別室登校をしてる現実が目の前にあるのに納得してもらえませんでした。

中3の時、母は母で学校に

「うちの子、某県立高校(学区の中で易しい高校)すら行けないのでしょうか」

と聞いたみたいです。

学校側は

「教室へ来てないので、それは無理です」

と、きっぱり言ってくれましたが。

それで、まあ色々あって、

通信制高校に進学させてもらえましたが、

「お前がちゃんと学校へ行かないから全日制へ行けないんだ!」

と、言われておりました。

高校で周りの子に聞くと、

「学校行ってくれて嬉しい」

「元気でいてくれればそれでいい」

という雰囲気なので羨ましかったです。

いつごろ見学行ったか

私は中2の時に、両親へ相談せず某通信制高校へ一人で見学に行きました。

その時に、色々話を聞いてくれたり、説明してくれたり、資料をいただきました。

家でじっくりとその高校の資料を読んでおりました。

(親は全日制高校の資料ばかり集めてこれ見よがしに置いてありましたが、スルー)

登校するタイプの通信制高校ではありましたが、

全日制のように毎日登校しなければ卒業できない、というものではなく、

無理なく自分のペースで卒業できるものでした。

私は全日制高校へ行く自信もありませんでしたし、

「自分のペースで」というところに惹かれました。

なので、高校入るのワクワクしましたねー。

実際入学してみると、

周りの子も不登校経験した子が多く、優しい子や個性的な子も多かったですし。

アルバイト推奨だったので、

アルバイトに夢中になってた子もおりましたし、

趣味に励んでる子もおりました。

自由で良かったですねー。

ぶっちゃけですが、

どの高校を卒業しても、同じ高校卒業の資格が得られます。

通信制にしても定時制にしても、全日制と同じ高校卒業資格なのです。

専門学校や大学など受験可能なのです。

だから、自分が気に入ったところ・自分に合う高校へ行った方がいいと思います。

不登校以外にも、起立性調節障害で起きるのに自信が無ければ、通信制高校が本人にとって良いかもしれませんし。

学び方はそれぞれです。

全日制高校へ行かなければならないわけではありません。

選択肢は色々あるのです。

さまざまな高校を比較してリサーチするのも大事だと思いますので、

こうゆうところで資料請求するのもおすすめです。

ズバット通信制高校比較