【高校不登校者必見】通信制高校への転入・編入後の生活って?

こんにちは、白井くま子です。

私は通信制高校(通学タイプ)出身ですが、

通信制高校では、入学時からいる子と、途中から転入or編入する子がおりました。

転入・編入の子はどのような生活なのか書いていきますね。

(※あくまで個人的見解です)

スポンサーリンク
ad




通信制高校へ編入・転入ってどんな感じ?

新しい環境に入る時って

「友達できるかな?」

「仲間ができるかな?」

「どんな生活なのだろうか?」

「どんな人がいるのだろう?」

などなど、不安と期待が入り混じる気持ちになりますよね。

私は入学時から通信制高校でしたが、

途中から入ってくる子もたくさんおりました。

卒業時の割合でいうと、入学時から居た子よりも途中から入ってくる子の人数の方が多かったですねー。

4:6くらいですかねー。

転入・編入の子が最初、少し緊張しながら教室に入っておりましたが、

最初から居た子たちが普通にナチュラルに受け入れておりました。

少し時が経つと、

「あれ?入学時から居たんじゃなかったっけ?」

って思うくらい学校に馴染んでる子が多かったです。

派閥みたいなものもなく、ゆるいサークルみたいな雰囲気で、自由でした。

あとこれは自分が卒業後、進学や社会人になってからより実感しましたが、高校は優しい子が多かったです。

色々あって入学するのでしょうから、人に優しくなれるのでしょうね…。

転入・編入の方の授業

転入・編入前に通ってた高校でどれくらい単位取ったかによって、組み込まれる授業数が変わる可能性もあります。

通信制高校で相談の時に「退学する前に相談してください」と言われるかもしれませんが、それは単位のことが関係してるからなんですよね…。

単位については学校と要相談になりますが、

高校って、できれば留年せず、できれば3年間で卒業したいですよね。

とある子は、2年の途中で転入したのですが、

前に通ってた高校では、あまり行けなかったらしく、

単位もあまり取れてませんでした。

その子も1年多く高校生活するよりストレートで卒業を望んでおりましたので、入学時から居た子と比べると、授業数が多かったです。

もちろん、その子は自分のペースで頑張っておりましたので、みんなと一緒に卒業できました。

通信制高校への転入・編入を考えてる方は、まずは高校を探してみるといいと思います。

【無料】通信制高校の一括資料請求